« ガイドラインを踏まえた上での個々の患者に即した治療の重要性 | トップページ | 安田講堂事件から50年経って思うこと »

2019年1月 8日 (火)

医師と弁護士,専門職として成長する責任

  もう30年以上前,司法研修所を卒業する直前に,公式の日程として,教官や同期生との会食の機会があった。私と同じテーブルにいた裁判官として任官予定の女性修習生が,「これからも毎日勉強で大変だ。」と,少し冗談めかして発言した。するとそれを聞いていた裁判官の教官が,「毎日勉強を続けることと,後進を指導することは,専門職として当然のことだ。だからこそ専門職なのだ。」との趣旨のことを言った。

 その後数年して,上記女性裁判官が研修で東京に来た際,拙宅に泊まり,四方山話をする中で,「裁判官より弁護士の方が育成に時間がかかるって部長(法廷では裁判長)が言ってた。10年はかかるって。羽賀さん,大変だね。」と言った。私は,当時(今も)は,文字通り成長の途上にあったから,「なるほどね。」と聞いていた。

 その後,ご家族が医療過誤に遭われた医師が依頼者となった事件があり,せっかくなので,被告側証人の医師の証人尋問の中,短時間だが直接尋問してもらった。証人の医師が,ご自身に相応のキャリアがあるとの趣旨の答えをした際,私の依頼者である医師が,「そうは言っても最初の10年のローテート(勤務する病院や診療科を異動すること)の仕方により,同じキャリアでも全然違う。」と反論した。

 やはり10年である。最初の10年が特に大切というのは,医師も弁護士も共通らしい。

 ただ,冒頭の裁判教官の話のとおり,専門職として仕事をするからには,日々の勉強を怠ることはできない。

 日頃医療過誤事件を担当して,病院に行けば治って当たり前,悪い結果になれば医師のミス,と考えている方があまりにも多く,医療機関は大変だなあ,と思っている。もちろん,そうした方々に対しては,きちんとそうではない旨説明している。

その点,訴訟に限って言えば,どちらかに悪い結果となるのは最初から分かっているので,弁護士の方が力量不足が分かりにくいかもしれない。だからこそ,なのであるが,自らをきちんと育てていくことは大切だと思う。残念ながらそうではない弁護士の仕事ぶりを,最近身近で見て驚いたことがあったので,改めて考えてみた。

しかし,自分は違うと言えるのか,答えを考える前に,そうならないよう前進するしかないだろう。この仕事を続けていくというのならば。

 医療過誤に遭ったと思っておられ,専門職に失望し,それでもこれから弁護士を探さねば,と思っておられる方に,弁護士はこんなことを考えているという参考になれば。

                                     弁護士  羽賀 千栄子

« ガイドラインを踏まえた上での個々の患者に即した治療の重要性 | トップページ | 安田講堂事件から50年経って思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事