« 吸引・鉗子分娩及びクリステレル胎児圧出法の適否 | トップページ | 協力医の重要性について »

2016年7月14日 (木)

統合失調症治療薬「ゼプリオン」問題について

 昨月の新聞報道によると,精神疾患の患者支援に取り組むNPO法人「地域精神保健福祉機構」が,統合失調症の治療薬「ゼプリオン」について,201311月の販売開始以降の死亡報告が85人に上っているとして,厚生労働省に原因究明を求める要望書を提出したとのことです。

日経記事のリンクhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21HBE_R20C16A6CR8000/ )


ゼプリオン」は注射薬で,販売開始後に死亡報告が相次いだことから,厚労省は14

4月,製造販売業者に添付文書の使用上の注意を改訂するよう指示しました。
 
この144月の厚労省の指示の報道を受けて,当研究会では,「ゼプリオン」の問題
を例会の研究テーマに取り上げました。

14523日のこのブログでは,この時の例会の紹介をしています。

あれから2年が経過しましたが,その後も「ゼプリオン」に関連する死亡報告が増え続けて
いることは看過できないといえます。

当研究会では,今後もこの問題を注視していきたいと考えています。

                          弁護士 武谷 元
医療事故研究会HP http://www.iryoujiko.net

« 吸引・鉗子分娩及びクリステレル胎児圧出法の適否 | トップページ | 協力医の重要性について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1751108/66503099

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症治療薬「ゼプリオン」問題について:

« 吸引・鉗子分娩及びクリステレル胎児圧出法の適否 | トップページ | 協力医の重要性について »