« 初めてのテレフォンガイド当番 | トップページ | 出生前診断結果告知ミスの医院に賠償命令(函館地裁の判決に思う) »

2014年6月 3日 (火)

「医療ミスでは?と思ったら読む本」

 医療事故研究会では、

「もしかしたら医療事故ではないかしら?」と悩む一般の方向けに

「医療ミスでは?と思ったら読む本」を日本評論社より出版しています。

 

医療事故にはどんなものがあるの?という疑問から

医療事故の場合どうすればいいの?という疑問まで

医療事故に関する100の疑問をQ&A方式で

法律や医療に詳しくない方にもわかりやすく解説しており

実際に医療事故でお困りの方から

どんな医療事故が問題になるのか、手続きをどうするのか知っておきたい、という方まで、幅広く読んでいただけるような内容になっています。

 

Q&A方式ですので、

必要な部分だけ、途中から読んでもわかるようになっていますし

関連する事項についての参照ページも記載されていて

まさにかゆいところに手が届く一冊です。

A5版より少し小さく、厚さも2センチ程度で

大変コンパクトながら、充実した内容の本となっています。

アマゾンでも購入できますし、図書館においてあるところもあります。

 

当研究会に所属する弁護士たちが、知恵をしぼって

皆さんの疑問を解決できるように制作しました。

興味のある方は是非ご一読下さい。

 

「医療ミスでは?と思ったら読む本」日本評論社

http://nippyo.co.jp/book/5536.html

 

 

弁護士 東 麗子

 

« 初めてのテレフォンガイド当番 | トップページ | 出生前診断結果告知ミスの医院に賠償命令(函館地裁の判決に思う) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1751108/56393673

この記事へのトラックバック一覧です: 「医療ミスでは?と思ったら読む本」:

« 初めてのテレフォンガイド当番 | トップページ | 出生前診断結果告知ミスの医院に賠償命令(函館地裁の判決に思う) »